新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

岡本行夫氏が新型コロナに感染して死去 アメリカのアーミテージ元国務副長官「彼は日米関係の巨人だった」


小泉内閣や橋本内閣で総理大臣補佐官として活躍した外交評論家の岡本行夫氏が新型コロナウイルスに感染し、その後に亡くなったことが分かりました。

NHKによると、新型コロナウイルスに感染して先月に容態が悪化し、4月24日に岡本氏の死亡が確認されたとのことです。
岡本氏は日米関係の重要なキーマンとして外交活動を行い、交友関係があったアメリカのアーミテージ元国務副長官も「日米関係の巨人だった。彼は国のためにベストと思ったことを常に行った」などと称賛のコメントを出しています。

公務から離れた後もテレビ番組などに出演して時事ニュースを解説することがあり、知る人ぞ知る著名人でした。
新型コロナウイルスに感染して亡くなる著名人が増えていることもあって、ネット上では改めて新型コロナウイルスへの注意を促す声が相次いでいます。

 

外交評論家の岡本行夫氏が死去 新型コロナウイルスに感染
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200507/k10012421291000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002

外交評論家で、小泉内閣や橋本内閣で内閣総理大臣補佐官を務めた岡本行夫氏が、新型コロナウイルスに感染し、亡くなっていたことが、外務省関係者への取材でわかりました。74歳でした。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!