新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

景気動向指数が過去最悪のマイナス、今年3月は83.8に!1ヶ月で8.1ポイント減少!「1985年以降で史上最悪」


5月12日に内閣府が2020年3月分の景気動向指数(速報値)を発表しました。

3月分の景気動向指数は83.8で、先月と比べて8.1ポイントの大幅な悪化となり、統計が比較できる1985年以降で最悪の下げ幅を記録。2008年のリーマンショックを超える下落幅で、緊急事態宣言が発令された後の4月分も大幅に下落することになると予想されています。

分野別だと商業販売額や耐久消費財を中心にマイナス幅が非常に大きく、内閣の景気判断も最低水準まで変更となりました。昨年10月の消費増税の影響もあり、日本経済は今後も厳しい情勢が続くことになると見られています。

 

内閣府 統計表一覧:景気動向指数 結果
https://www.esri.cao.go.jp/jp/stat/di/di.html

景気の先行きを示す指数 前月より8.1ポイント悪化 過去最大
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200512/k10012426531000.html?utm_int=all_contents_just-in_001

内閣府が発表したことし3月の「景気動向指数」によりますと、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、数か月後の景気の先行きを示す指数が83.8となり、前の月から8.1ポイント悪化しました。統計が比較できる1985年以降で、最も大きな悪化幅となりました。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!