新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

安倍首相「総額200兆円を超える空前絶後の予算」⇒真水はどのくらい?大半は企業融資などの見通し


5月25日の記者会見で安倍首相は「200兆円を超える空前絶後の予算」と言及しました。

政府が4月に策定した緊急経済対策の事業規模は117兆円で、今月末に決定する第二次補正予算も100兆円規模になると見られています。
第二次補正予算の内訳は中小企業や個人事業主への新たな資金供給策、家賃の支払いが困難な事業者を対象にした最大で600万円を給付する新制度、医療従事者・介護従事者への給付金、小中学校を対象にした支援策などです。

まだ、具体的な数字は出揃っていませんが、現時点での情報を見る限り、補正予算の多くは企業への融資がメインで、個人に直接手渡す給付金の類は一部だけとなっています。一律10万円給付金も第二弾の話は無く、第一次補正予算と同じように真水(直接的な経済支援)は数十兆円程度になりそうです。

国民からは直接的な給付金や減税政策を求める声が多いのが実情で、合わせて家賃補助のような政策を国が積極的にやらないと、国の経済を建て直すのは極めて難しくなると言えるでしょう。

 

事業規模、計200兆円超 1、2次補正で「空前絶後」―27日閣議決定と安倍首相
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020052500895

安倍晋三首相は25日の記者会見で、2020年度第2次補正予算案を27日に閣議決定すると表明した。事業規模は1次補正と合わせ「200兆円を超える」と明言。「空前絶後の規模、世界最大の対策で、100年に1度の危機から日本経済を守り抜く」と強調した。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!