新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

新型コロナウイルスに後遺症、日本でも感染者から報告多数!回復者の3割で後遺症の恐れ イタリア呼吸器学会


*新型コロナウイルス
新型コロナウイルスの後遺症問題が浮上しています。

イタリアの呼吸器学会は新型コロナウイルスから回復した元感染者の多くが後遺症に苦しむ恐れがあると発表し、退院から6ヶ月程度は肺にリスクがある状態が続くと言及。
これは同じコロナウイルスだったSARSのデータを踏まえて推計されたもので、新型コロナウイルスの感染によって肺線維症が起きてしまうと、その後の回復に大きな影響が出るとしています。

実際に日本でも新型コロナウイルスの感染者から同じような報告が多数あり、病院から退院した後も発熱や倦怠感、肺の痛み、湿疹などの発生を訴える声が相次いでいました。
ただ、これらの後遺症問題は日本であまり重視されておらず、医療機関や政府の対応は非常に遅いです。

退院した後に再感染して2度目の陽性反応が出るケースもあるわけで、日本政府は早急に後遺症問題を調査して、今から対策に乗り出す必要があります。

 

回復者3割に後遺症の恐れと指摘 イタリア呼吸器学会、肺にリスク
https://news.yahoo.co.jp/articles/b729c3850fd919d68f17ebb02e95738233491ee3

【ローマ共同】イタリアの呼吸器学会は27日までに、新型コロナウイルス感染症から回復した人のうち3割に呼吸器疾患などの後遺症が生じる可能性があると指摘した。少なくとも6カ月は肺にリスクがある状態が続く懸念があるという。地元メディアが報じた。
既に退院した感染者の症例調査と合わせ、同じコロナウイルスによる感染症であるSARSの回復者の後遺症に関するデータも踏まえ、分析した。未解明の部分が多く、さらなる詳細な調査が必要だとしている。

I danni permanenti lasciati da COVID-19
https://www.nextquotidiano.it/covid-19-danni-permanenti-dopo-guarigione/

Il Covid-19 lascia danni, il 30% di chi è guarito rimane malato cronico. E quindi bisogna attendersi un altro contraccolpo sul sistema sanitario alla fine dell’emergenza Coronavirus SARS-COV-2. Davide Milosa sul Fatto Quotidiano oggi spiega che questa pandemia lascerà in eredità una nuova categoria di malati con patologie croniche: circa un paziente su tre scampatoalla furia del virus riporterà danni permanenti. Indiziati principali sono i polmoni, ma rischi di complicazioni si valutano anche negli atri organi che non sono affatto immuni. Tracce di Covid sono state individuate in reni e fegato.

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!