新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

カメムシ大量発生の恐れ、兵庫県に病害虫発生予察注意報!平年の5倍を確認 「過去にないほどの数」


兵庫県病害虫防除所が病害虫発生予察注意報を発表し、今年は兵庫県で大量のカメムシが発生する恐れがあるとして注意を促しました。

兵庫県病害虫防除所によると、今年はカメムシの捕獲調査で平年よりも遥かに数が多く、加西市では4月から5月下旬までの合計誘殺数がチャバネアオカメムシで1024頭(表年の過去5年分平均値193.4頭)となり、5倍程度の数字で推移しているとのことです。

ヤアオカメムシでも99頭(平均値4.9頭)と多く、兵庫県病害虫防除所は農家などに果樹類(特にナシ、モモ、カキ、カンキツ)を守るように呼び掛けていました。
カメムシが大量発生した原因は暖冬だと見られ、昨年に数が増えたカメムシがそのまま暖冬を乗り越えて、一気に繁殖してしまったと推測されています。

このまま気温が上昇すると何処まで増えるか未知数で、状況によっては兵庫県以外の場所でもカメムシ被害が増えることになりそうです。

 

令和2年度病害虫発生予察注意報 第1号
http://hyogo-nourinsuisangc.jp/chuo/bojo/02tyuuihou1.pdf

カメムシ大発生で兵庫全域に注意報「過去にないほどの数」 果樹農家に対策強化を要請
https://this.kiji.is/640139961733661793?c=49404987701575680

兵庫県病害虫防除所(同県加西市)は、果樹類に被害を与えるカメムシが大量発生しているとして、県内全域に病害虫発生予察注意報を出した。カメムシは隔年で発生量が増減し、今年は多い「表年」だが、担当者は「過去にないほどの数。気温が上がるにつれ、さらに増えると予想される」と注意を呼び掛けている。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!