新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

ドイツ食肉処理場で650人が新型コロナ ブラジルでは感染爆発、経済優先政策を巡って国民対立!


ドイツで大規模な集団感染が確認されました。

集団感染が発生したのはドイツ北西部にあるギュータースローの食肉処理場で、従業員1000人以上の検査で650人以上が陽性反応になったと報じられています。
ドイツは感染者数が18万人以上と多い国ですが、医療機関の対応力で死者数をかなり減らすことに成功。
今回の食肉工場でも封じ込めと感染経路を特定するために全力を尽くすとしており、現時点でドイツ国民に大きな動揺は見られません。

一方で、感染者が爆発している中南米のブラジルでは、経済優先政策を掲げているボルソナロ大統領の方針を巡って国論が分裂状態になっています。ボルソナロ大統領は「都市封鎖や隔離措置は経済が落ち込むだけでウイルスよりも悪影響がある」として、隔離措置を行うように求めたマンデッタ保健相を解任するなど強権的な対応を連発しました。

ブラジルの感染者数はアメリカに次ぐ96万人に激増し、国民からもウイルス対策を求める抗議デモが頻発しています。
ブラジルで感染者が増大することで周辺国にも感染が広がっていることもあり、WHO(世界保健機関)を含め国際社会の批判も強まっているところです。

 

ドイツ食肉処理場で集団感染、650人が陽性 千人超が自主隔離へhttps://news.yahoo.co.jp/articles/e202608508b53e2ce2aff050e951e4667508627a

ドイツ北西部ギュータースローの食肉処理場で新型コロナウイルスの集団感染が発覚した。これまでに1000人以上の従業員が検査を受け、650人以上の感染を確認。数千人が隔離を行うよう指示されている。
この食肉処理場は、17日午後から操業を停止している。さらに数千人が検査を待っている状態だ。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!