新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

新型コロナウイルスに空気感染、専門家らが指摘!WHOにも対策の見直し要請 「濃厚接触しなくても感染」


*新型コロナウイルス報告
新型コロナウイルスが空気感染の能力を保持している可能性が高いとして、32か国の科学者たちがWHO(世界保健機関)に対策強化を要請しました。

共同意見書を提出したのは世界32か国の専門家たち239人で、意見書の中で「ウイルスが空気中で数十メートル移動できることが合理的疑いの余地がない」と指摘し、今までの対策だと感染を防ぐのは厳しいと言及。
WHOに対して感染防止策を見直すよう訴え、室内の換気強化や高効率エアフィルター、紫外線ランプの導入などを意見書に記載していました。

現時点でWHOは新型コロナウイルスの空気感染は否定しており、今回の意見書に関しても受け入れるかどうかはコメントしていません。
日本政府もWHOの見解を重視し、せきやくしゃみが原因となる「飛沫感染」、口や鼻の粘膜から感染する「接触感染」の2つだけを前提として新型コロナウイルス対策をしていました。

今回の意見書だと空気感染は数メートル程度先まで届くとして、飛沫感染の1~2メートルよりは遥かに離れた場所でも感染リスクがあるとしています。
ただ、新型コロナウイルスの感染能力は学者によって見解が割れているところで、「空気感染ではなくエアロゾル感染だ」と指摘する意見も根強いです。

 

コロナ空気感染の可能性、世界の科学者239人が警鐘
https://www.afpbb.com/articles/-/3292384

【7月7日 AFP】世界の科学者239人が6日、新型コロナウイルスに関する共同意見書を発表し、世界保健機関(WHO)などの当局に対し、同ウイルスが2メートルをはるかに超える距離で空気感染する可能性があることを認識し、それに応じて感染防止策を見直すよう訴えた。

意見書はオーストラリア・クイーンズランド工科大学(Queensland University of Technology)のリディア・モラウスカ(Lidia Morawska)教授が筆頭執筆者となり、英オックスフォード大学(University of Oxford)の学術誌「臨床感染症(CID)」に掲載された。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!