新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

小池都知事が緊急記者会見!特措法で都民と事業者に協力要請 「感染拡大の傾向が見られる」


7月15日に小池都知事が緊急記者会見を開き、東京都の警戒レベルを最大に引き上げると発表し、合わせて措置法に基づく協力要請を出しました。

小池都知事は東京都で感染拡大の傾向が見られるとした上で、「高齢の方や基礎疾患のある方は外出の際、特に注意をしていただきたい。改めて都民の皆様には、不要不急の都外への外出はできるだけ控えていただくこと、そして、イベントに参加される方、劇場などを利用される方には、名簿にあらかじめ記入していただくことや感染の可能性の把握のために、都の見守りサービス、国の接触確認アプリのインストールをお願いしたい」と述べ、接待を伴う飲食店以外でも感染防止策の強化を行うように要請。

また、スタッフの体温測定や店の中の消毒、ガイドラインに基づく感染防止対策の徹底、感染防止徹底宣言ステッカーの店頭への表示などを実施するように求め、今まで以上に新型コロナウイルスへの対策を強化するように繰り返して強調していました。

基本的には前回の東京アラートとほぼ同じよう内容で、都民への注意喚起やステッカーの掲載など以外は目新しい情報は無かったです。都民からは追加の休業補償や罰則規定を求める声も見られ、そのような強い行為をしなかったことに失望の意見もありました。

 

小池都知事 特措法に基づき協力要請 新型コロナ感染拡大防止へ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200715/k10012516901000.html?utm_int=all_side_ranking-social_004

東京都の小池知事は「モニタリング会議」のなかで、新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づいて、都民と事業者に対し、感染拡大の防止に向けた協力を要請しました。
このなかで、小池知事は、都民に対しては、「いわゆる夜の繁華街では、接待を伴う飲食店などでガイドラインに示された十分な感染防止対策が講じられていない店の利用を避けていただくこと、そして、会食の場合も同様に感染防止対策がとられていない飲食店の利用を避けていただきたい」と述べました。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!