新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

アメリカが給付金の第二弾、約25兆円を直接支給へ!民主党からは300兆の案も!日本では検討すら無し 


*アメリカ議会
アメリカが総額105兆円(1兆ドル)の追加支援策を来月から実施します。

この追加支援には家計への直接現金給付も含まれており、2500億ドル(約25兆円)の現金をアメリカ国民に再支給する予定です。ただ、予算規模を巡って野党の民主党からは「少なすぎる」として3兆ドル(300兆円)規模の案が提示され、議会の採決が8月中旬ごろまでずれ込む可能性があると報じられています。

アメリカ政府は新型コロナウイルスによる経済への影響を重く受け止め、国民の経済立て直しのために直接現金給付を軸とした大規模な経済支援策を決定。
日本とは違って二段構えの現金給付を行うことで、経済の悪化を防ぐとしています。

一方で、日本政府は2回目の現金給付は殆ど検討されておらず、残ったアベノマスクの追加配布をどうするかで議論しているような状態です。

 

米、8月に現金給付第2弾 共和が1兆ドル追加対策法案
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO61974640Y0A720C2000000/

【ワシントン=河浪武史】米共和党の議会指導部は27日、1兆ドル(約105兆円)規模の追加の新型コロナウイルス対策法案を正式に提示した。8月中にも2500億ドル規模の現金を家計に再支給するほか、失業保険の特例加算も減額して延長する。民主党は3兆ドルの巨額財政出動を求めており、法案成立は8月にずれ込む可能性がある。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!