新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

鹿児島県に油のような物体が漂着!沈没タンカーから流出か 官房長官「発生源を分析する」


鹿児島県南部の島や沖縄県の周辺で油のような物が相次いで漂着しています。この物体は黒いヘドロのような物質で、鹿児島県宝島では約7キロにわたる海岸線で油状の漂着物が発見されました。

発生源は先月に日本の排他的経済水域(EEZ)内で沈没したタンカーの可能性が高く、日本政府も海上保安庁の巡視船などを派遣して調査作業を行っています。
地元住民からは海洋汚染を懸念する声が相次ぎ、国民の間でも懸念や心配の声が高まっているところです。

ネットでは一部の人達が過剰反応している傾向も見られ、今の時点だと日本の海洋生物を壊滅させるような汚染になることはほぼあり得ないと予想されています。
汚染の範囲も沖縄と九州の一部に留まる見通しで、調査結果が出るまでは過剰反応はNGだと言えるでしょう。

鹿児島県の宝島に「油のようなもの」漂着、沈没タンカーから流出
http://www.afpbb.com/articles/-/3161034

【2月3日 AFP】日本の南西諸島の沿岸に「油のようなもの」が漂着していることが分かった。当局が1日、明らかにした。3週間ほど前に日本の排他的経済水域(EEZ)内で沈没したタンカーから流出した油ではないかとの懸念を呼んでいる。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!