新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

東京医師会が独自にPCR検査を拡大、1400ヶ所に拡大方針!会長の会見が波紋!国会を開かない政府に不満が相次ぐ


*東京医師会
7月30日に東京医師会の尾崎治夫会長が開いた記者会見が物議を醸しています。

尾崎会長は政府の対応に不満を表明し、特措法の改正による休業要請や休業補償の強化、PCR検査の拡充、発症者の隔離政策などを実施するように要請。
これらの対策を実施するためにも、国会を開いて議論する必要があるとして、国会議員や政府に迅速な対応をするように強く求めていました。

また、東京医師会も独自にPCR検査を受けられる医療機関を都内の1400ヶ所に拡大する方向で検討していると発表しており、この発言は夕方のニュースでも取り上げられています。
記者会見をキッカケにして政府与党に国会を開くように求める声が高まっている状態で、野党側も明日に臨時国会の招集を要請するとしていました。

安倍政権から具体的なコメントは出ていませんが、政府への圧力が強まったのは間違いないでしょう。

 

PCR検査 医療機関1400か所まで増やす方向で検討 東京都医師会
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200730/k10012541601000.html

東京都医師会が記者会見を開き、新型コロナウイルスのPCR検査を受けられる医療機関を都内で1400か所まで増やす方向で検討していることを明らかにしました。尾崎治夫会長は「感染が拡大している地域では、法的強制力を持った補償を伴う休業要請が必要だ」と述べ、政府に特別措置法の改正などを求めていく考えも示しました

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!