新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

安倍首相、敵基地攻撃能力保有の方向性を示す!辞任前に幹部へ伝達 来月上旬にもNSCで新方針


*官邸
安倍晋三首相が敵基地攻撃能力保有の方向性を示す意向を固めたことが分かりました。

これは共同通信が報道した情報で、既に与党幹部にも敵基地攻撃能力保有の方向で調整するように伝達。次の自民党総裁が決まる前に国家安全保障会議(NSC)を開き、安全保障の新方針を確認するとしています。

敵基地攻撃能力を巡っては専守防衛の憲法理念を違反するとの指摘が多く、憲法学者や専門家の大半は否定的な見解を強調していました。
それだけに辞任のタイミングを利用して一気に裏で敵基地攻撃能力の保有を推し進めようとしていると言え、野党からは国会すら開いていないことに怒りの声が相次いでいます。

 

首相、在任中に敵基地攻撃方向性 与党幹部へ伝達、9月前半NSC
https://this.kiji.is/673136119740171361

安倍晋三首相が自身の在任中に敵基地攻撃能力保有の方向性を示す意向を固め、与党幹部に伝えていたことが31日、分かった。秋田と山口への配備を断念した地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」計画の代替案の考え方も同時に打ち出す。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!