新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

小池都知事、東京五輪の札幌移転案に反発!直接対決で論戦!IOC「東京での実施は無い」小池氏「都は負担しない」


10月25日にIOC(国際オリンピック委員会)の幹部と小池百合子都知事が、オリンピックの「マラソン移転案」がしめされてから、初めての会談を行いました。

小池都知事は冒頭からマラソン移転案に不服があるとして、「今回のIOCの発表には私も都民も正直、大変驚いた。都内の自治体や都民はマラソンと競歩を非常に楽しみにしてきたし、一生懸命、準備に励んできたことも事実だ。残念ながら皆が納得できる説明がいまだになされていない」と述べ、札幌移転案を認めるのは厳しいと強調。

これに対し、IOCのコーツ委員長も「IOCはドーハで起きたことにショックを覚えた。アスリートの健康を常に念頭に置いているため変更を決定した。これまで準備をしてきた東京都が大変失望することは念頭に置いている」などと反論し、東京でのマラソン実施は行わないと言及しました。
最後まで両者の主張は変わらず、IOCの決定はこのまま揺るがないと見られています。

また、小池都知事は直前の記者会見で「都は(経費の)負担はできない」とも発言しており、費用負担問題も再浮上することになりそうです。

マラソン変更は東京都への事前連絡が無かったと言われ、突然の決定に小池都知事は激怒していました。それだけにこの会談で東京都の不満を示した形で、オリンピックのマラソン移転を巡るドタバタ劇はまだ続きそうです。

 

小池知事 マラソンと競歩 東京で実施の意向IOC側に伝える
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191025/k10012149771000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_050

東京オリンピックのマラソンと競歩の会場を札幌に移す案が、28日の週に、議論されるのを前に、東京都の小池知事はIOC=国際オリンピック委員会のコーツ調整委員長と会談し、札幌で行うという提案に至った経緯について説明を求めるとともに東京で実施したい意向を伝えました。

小池知事、マラソン会場変更なら「都は負担しない」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191025-10250397-nksports-soci

東京都の小池百合子知事は25日の定例会見で、20年東京五輪のマラソン・競歩会場が東京から札幌への変更が検討されている問題に関し、もし会場が変更されるような事態になれば、「都は(経費の)負担はできない」と、あらためて明言した。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!