新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

菅義偉内閣、消費税減税で衆議院解散総選挙か?総務相に橋下徹氏が浮上との報道 年内総選挙はほぼ確定的 


*官邸
世間だと菅義偉官房長官が自民党総裁選に出馬したことが注目されていますが、政治関係者の間ではその次の行動に関心が集まっています。

次の行動とは衆議院解散総選挙のことであり、菅官房長官が総理大臣となった場合、秋の臨時国会で解散宣言をする可能性が高いと言われているのです。

安倍政権から菅政権に変わったタイミングならば、ご祝儀ムードで支持率も高い数字になると予想され、それに合わせて一気に衆議院解散総選挙を実施。
セットで消費税減税のような政策を掲げ、「国民に信を問う」として、衆議院の過半数を牛耳るというような流れが浮上しています。

これは自民党にとってメリットが非常に大きく、衆議院の任期が残り1年に迫っていることや、野党側にまとまる気配があることに加えて、来年になると東京オリンピック中止も確定してしまう恐れがあることから、解散総選挙の時期は先延ばしに出来ないのが実情です。

また、新型コロナウイルスの長期化や不況の悪化も考えられ、このような情勢を総合すると、遅くても12月までには解散総選挙に踏み切ると予想されています。

そして、解散総選挙を見据えて、菅官房長官は知名度の高い橋下徹氏を閣僚メンバーに入れるとの情報もありました。

菅官房長官は大阪の維新と関係が深く、安倍首相と一緒に何度も松井一郎知事らと会食を行っており、このような関係性から十分にあり得る情報です。
確定情報では無いですが、当サイトも引き続き衆議院解散総選挙の関連情報は優先して収集し、出来るだけ早く記事としてお伝えしたいと思っております。

 

菅義偉内閣、総務相に橋下徹氏が浮上…携帯料金値下げと道州制導入を推進か
https://biz-journal.jp/2020/09/post_177646.html

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!