新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

米CDCが感染警告を撤回!文書の草案を誤掲載、エアロゾル感染の範囲は調査中


*CDC
米CDC(疾病対策センター)が9月18日に公開した新型コロナウイルスの警告文を一部撤回すると発表しました。

撤回となったのは微粒子「エアロゾル」を通して、事実上の空気感染が発生していると言及した警告文です。
ロイター通信の報道だと、米CDCが誤って文書の草案をそのまま掲載し、数日ほど気が付かないまま放置状態になっていました。

米CDCは新型コロナウイルスの勧告で見直しを行っている最中で、その過程で誤って草案が掲載されてしまったと見られています。
勧告の見直し時期は不明ですが、近い内に正式な形で何らかの警告文が米CDCの公式ホームページに掲載されることになるでしょう。

現時点でWHO(世界保健機関)も空気感染は確認しておらず、咳やくしゃみで飛び散った飛沫に付着して、新型コロナウイルスが粒子状態になって浮遊して感染を広げていると考えられています。

 

米CDC、エアロゾル感染警告を撤回 「草案を誤掲載」
https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-cdc-airborne-idJPKCN26C2E2?taid=5f691b871266d20001590299&utm

[21日 ロイター] – 米疾病対策センター(CDC)は21日、ウェブサイトに18日に掲載した、新型コロナウイルスが空気中を漂う微粒子「エアロゾル」を介しても感染の恐れがあるとする警告を撤回した。文書の草案が誤って掲載されたとしている。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!