新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

イギリスで変異株がさらに変異!ワクチン接種にも影響の恐れ 当局「南アフリカやブラジルの変異と類似」


*BBC
イギリスで新型コロナウイルスのさらなる変異株が確認されました。

イギリスのイングランド公衆衛生庁によると、従来の変異株がまた変化し、南アフリカやブラジルで確認された強いタイプの変異株(E484K変異)と類似するような特徴があったとのことです。
今までのイギリス変異株は単純に感染力が強まったタイプでしたが、南アフリカの変異株だと感染力の強化に加えて、構造が大きく変化したことで一部のワクチンは効果が弱くなるとも報告されています。

新型コロナウイルスのスパイク(突起)部分が変異しことで感染力を含め、様々な能力が変わった恐れもあるとして、当局は厳重警戒を呼び掛けていました。

現時点でワクチンや治療薬への影響は不明となっていますが、イギリスの変異株も同じようなタイプならば、今後のワクチン接種に大きな影響を与えるかもしれません。

 

UK finds more coronavirus cases with ‘concerning’ mutations
https://www.bbc.com/news/health-55900625

Public Health England is investigating cases of coronavirus with ‘worrying’ new genetic changes that have been found in some regions of the UK.

Tests show they have a mutation, called E484K, that is already seen in the South Africa variant.

Although this change may reduce vaccine effectiveness, the current ones in use should still work, say experts.

There have been 11 cases in Bristol and a cluster of 32 cases in Liverpool.

Urgent testing for the South Africa variant is already starting in parts of England and could be rolled out to other areas seeing different variants with the same E484K mutation.

Scientists working with Public Health England found a small number of cases of the UK ‘Kent’ variant with the E484K mutation – it was seen in 11 out of 214,159 samples that they tested, and predominantly from the South West of England.

 


 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!