新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

尾身茂会長が緊急事態宣言の早期解除に懸念 「ホントにいま、やっていいんですか?」「リバウンドへの懸念がある」


*官邸
2月26日に政府が緊急事態宣言の早期解除を表明しましたが、これについて専門家会議のメンバーからは懸念の声が飛び交っていたことが分かりました。

朝日新聞の記事によると、2月26日の諮問委員会を終えた後の記者会見で尾身茂会長は「(感染者数などの)リバウンドへの懸念があるので、強い懸念が示された。『ホントにいま、やっていいんですか?』と」と述べ、緊急事態宣言の早期解除に反対意見を伝えたと言及。
他にも「1週間延ばした方がいい」「変異株もある」「休みが控えていてリバウンドする」というような意見があったとして、諮問委の議論は割れていたと報じられています。

政府側がゴリ押しする形で緊急事態宣言の早期解除が決まったのだと思われ、観光支援策のGoToトラベル早期再開を含め、この決定は後で波乱要因となりそうです。

 

宣言解除「ホントにいいんですか?」尾身氏、議論明かす
https://www.asahi.com/articles/ASP2V5HS2P2VUTFK00X.html 

「ホントにいま、やっていいんですか?」と――。新型コロナウイルス対応の緊急事態宣言を6府県で先行解除する政府方針を了承した26日の諮問委員会を終えた同委の尾身茂会長が、専門家たちからの慎重論について、その一端を明かした。
政府が諮問したのは、大阪・兵庫・京都の関西3府県、愛知・岐阜の東海2県と福岡県の6府県について、3月7日の期限を待たずに今月28日までで解除するというもの。

(情報提供)新型コロナウイルスに関連した患者の発生について【速報値】
https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/index.files/030226sokuhou.pdf

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!