新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

LGBT新法の自民党会合で問題発言が相次ぐ!「道徳的にLGBTは認められない」「種の保存に背くもの」⇒発言撤回と謝罪要求の署名運動


*山谷議員
自民党のLGBT(性的少数者)関連法案の会合で暴言が飛び交っていたとして、その内容がネット上で物議を醸しています。

問題となっているのは5月20日に行われたLGBT新法を巡る自民党の会合です。
TBSの記事だと、会合の出席者から「道徳的にLGBTは認められない」「種の保存をしなければならず、LGBTはそれに背くもの」というような発言があり、最終的にはLGBT法案の早期成立に反対を示す意見が多数になったとのことです。

この一連の報道を受けてLGBTの当事者や関係者からは怒りの声が相次ぎ、遂には自民党に発言の撤回と謝罪を求めるネット署名運動が始まりました。

5月21日昼の時点で1万7000人以上が賛同を表明しており、その勢いは徐々に強まっています。
LGBTを巡っては自民党の杉田水脈議員が「LGBTは生産性がない」などと主張したことで批判を浴び、自民党本部前で大規模な抗議デモが行われました。

内容的には自民党会合の発言も変わらないと言え、LGBT全体を巻き込んで自民党への不満や怒りの声が飛び交っています。

 

自民党「LGBTは種の保存に背く」「道徳的にLGBTは認められない」発言の撤回と謝罪を求めます
https://www.change.org/p/

自民党が20日に行ったLGBT新法をめぐる会合の中で、出席者から「道徳的にLGBTは認められない」「人間は生物学上、種の保存をしなければならず、LGBTはそれに背くもの」などの発言があったと報じられています。

2018年7月に、自民党・杉田水脈衆議院議員が「LGBTは生産性がない」などという文章を寄稿し、2020年9月には、足立区の自民党・白石正輝区議が「同性愛が広がると足立区が滅びる」などという差別発言をし多くの批判を集めました。

このような性的マイノリティを差別するあまりに酷い発言が、自民党議員によってまた繰り返されています。

さらに、山谷えり子参議院議員は会合で「体は男だけど自分は女だから女子トイレに入れろとか、アメリカなんかでは女子陸上競技に参加してしまってダーッとメダルを取るとか、ばかげたことは起きている」などと、トランスジェンダーの実態を無視し、トランスジェンダー女性がさも不正を犯して侵入してくるかのような、あまりに悪質な発言をしています。

「いろんな副作用も」LGBT理解増進法案 自民部会で紛糾 了承見送り
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4272640.htm?1621560685149

 自民党は20日、LGBTなどに対する理解増進に向け、超党派の議員連盟で合意した法案の審査を行いました。法案の目的には「性的指向および性自認を理由とする差別は許されない」と明記されていますが、出席者によりますと、「法を盾に裁判が乱発する」との意見が相次いだほか、「道徳的にLGBTは認められない」「人間は生物学上、種の保存をしなければならず、LGBTはそれに背くもの」などの声も上がり、法案に反対する議員が大勢を占めたということです。

「女子の競技に男性の身体で、心が女性だからっていって競技参加して、いろいろメダル取ったり、そういう不条理なこともあるので少し慎重に。社会運動化・政治運動化されると、いろんな副作用もあるんじゃないでしょうか」(自民党 山谷えり子参院議員)

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!