新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

東京オリンピックで49日間のテレワーク・デイズ要請!3000団体の参加を目標に政府方針 国民からは懸念の声が相次ぐ


*総務省
総務省の武田良太総務大臣(53)が東京オリンピック・パラリンピックに合わせて、49日間のテレワーク・デイズを要請しました。

6月11日に武田総務相は「大会開催中はより多くの団体にテレワークを実施して頂きたいと思ってます。テレワークの積極的な利用を要請致しました」と述べ、大会の開催期間で49日間のテレワークを日本中の業界団体に求めるとしています。
大会開催中に全国規模のテレワークをすることで人の移動を抑制するとしていますが、この発表に国民からは批判の声が噴出。

ツイッターを見てみると、

「喪中かよ?」
「五輪のために国民は死ねの世界」
「できるとこは既にやってる」
「五輪辞めちゃえよ」
「永田町も完全にテレワークにするなら」

というような声が飛び交っており、テレワークに反対する動きも見られました。
テレワーク・デイズの期間は7月19日から9月5日で、3000団体を目標にして政府はテレワーク要請を続けるとしています。

 

不吉すぎる49日のテレワーク・デイズ「まるで喪中」と批判も
https://news.livedoor.com/article/detail/20359990/

「東京オリンピック・パラリンピック競技大会を安心安全な大会とするため、7月19日から9月5日までテレワークの集中的な実施を呼びかける、『テレワーク・デイズ2021』をおこないます」

そう高らかに宣言したのは、武田良太総務大臣(53)だ。

総務省が6月11日に発表した「テレワーク・デイズ」。東京オリンピック・パラリンピック期間中の49日間、テレワークの集中的な実施を民間企業などに求めるもので、政府は3000団体の参加を目標にしているという。

だが、ネット上では “49日のテレワーク・デイズ” という言葉に不吉すぎるとの声が上がっている。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!