新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

公明党の山口那津男代表「五輪中止を叫んでいた政党もあるが、極めて非現実的」「国民の不安をあおりかねない」


*公明党
公明党の山口那津男代表が東京オリンピック・パラリンピックの開催をするべきだと記者会見で改めて強調しました。

毎日新聞の記事によると、山口代表は17日の党会合で「中止を叫んでいた政党もあるが、極めて非現実的で、国民の不安をあおりかねない主張だ」と述べ、東京オリンピックの開催に反対している意見は非現実的だと指摘。
さらに東京オリンピックは感染防止を徹底し、安心な開催をすることこそが重要だと繰り返していました。

東京オリンピックの中止・延期は野党の立憲民主党や共産党が主張しているもので、これらの政党を暗に批判した発言だと思われます。
公明党としてのスタンスを明確に示した発言だと言え、一連の発言は大手SNSのツイッターでトレンド入りするほどに物議を醸していました。

 

公明・山口代表「五輪中止は極めて非現実的な主張」
https://mainichi.jp/articles/20210617/k00/00m/010/078000c

 公明党の山口那津男代表は17日の党会合で、東京オリンピック・パラリンピックについて「中止を叫んでいた政党もあるが、極めて非現実的で、国民の不安をあおりかねない主張だ。結果的に(大会中の)感染を防止し、安心な開催を具体的にどうするかが問われている」と強調した。開催の1年延期か中止を求める立憲民主党や、中止を訴えている共産党などが念頭にあるとみられる。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!