新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

東京五輪の食品廃棄問題、子ども食堂が異例の要望書!橋本聖子会長宛に「貧困の子どもたちに配って欲しい」と提案


*子ども食堂
東京オリンピック・パラリンピックで大量に余ったボランティアやスタッフ用の食事が毎日数千食分も廃棄されている問題で、NPO法人「みなと子ども食堂」が怒りのコメントを出しました。

FNNの記事には子ども食堂のコメントとして、「廃棄問題について組織委員会を、もっと非難するべきという方もいますが、まさに毎日捨てられているお弁当があるので、私たちは一刻も早いお弁当の引き取りをしたいのです。特に夏休みになると学校給食がなくなるので、一人親家庭の子どもの食生活は厳しくなります」と掲載されており、組織委員会の橋本聖子会長宛に破棄予定の食品を配布して欲しいとする要望書を提出したとのことです。

子ども食堂側は新型コロナウイルスの影響で食事すら満足に食べれない子供が増えていると訴え、毎日数千もの食品が五輪で破棄されているのは勿体ないと指摘。
食品ロスを減らして貧困の子供立ちを助けるためにも、対策をした上で弁当を配布するように求めていました。

東京オリンピックでは毎日約4000食が処分され、その作業にも人手が投入されていると報じられています。

 

これに対し立ち上がったのが、都内港区で一人親家庭の支援にあたるNPO法人「みなと子ども食堂」だ。みなと子ども食堂では組織委の橋本聖子会長宛に「無駄になる弁当を貧困の子どもたちに配ってほしい」との要望書を有志と提出した。みなと子ども食堂の理事長であり弁護士の福崎聖子さんはこう語る。

「廃棄問題について組織委員会を、もっと非難するべきという方もいますが、まさに毎日捨てられているお弁当があるので、私たちは一刻も早いお弁当の引き取りをしたいのです。特に夏休みになると学校給食がなくなるので、一人親家庭の子どもの食生活は厳しくなります」

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!