新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

菅義偉首相、自民党議員からも避けられる 選挙ポスターに菅首相の姿無し 党幹部とのツーショットのみ 


*官邸
菅首相が自民党内部でも人気が無くなり、選挙ポスターからも顔が消えていることが分かりました。

これは読売新聞が報道した情報で、福島県などの一部の地区で選挙ポスターから菅首相は消え、その代わりに党幹部が地元議員らと並んでいるタイプのツーショットポスターが増加。
根本匠・元厚生労働相のポスターだと岸田氏が並び、福島県のほぼ全域で菅首相とのツーショットを選んだ国会議員は居なかったとのことです。

菅政権の支持率低下やコロナ対応への批判が強まっていることもあって、全国的に菅首相を避ける動きは増えています。
本当に自民党総裁なのか疑問があるところですが、このまま自民党議員らは菅首相の顔を外したまま選挙戦に入ることも想定しているのが実情です。

 

菅首相とのツーショットに「メリットない」…総裁選・衆院選にらむ2連ポスター
https://news.yahoo.co.jp/articles/3022f0d4c4e611c050804dd819a04a78bcf93347

 菅首相の総裁任期満了に伴う自民党総裁選(9月17日告示、29日投開票)で、立候補者の出馬準備が加速する中、福島県内でも投票の準備が始まった。新総裁は次期衆院選の行方に大きく影響を与えるだけに、投票権を持つ県選出の国会議員や党員は候補者の支持の広がりに神経をとがらせている。県連内部には「現政権では世論の批判に耐えられない」との声も上がる。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!