新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

群馬県の魅力度ランキング44位に山本知事が反発!法的措置の検討を開始 市民「大人げない」


*群馬県
群馬県の山本一太知事が民間シンクタンク「ブランド総合研究所」の都道府県魅力度ランキングで、群馬県が44位に下落したことに不満があるとして、法的措置の検討を始めたことが物議を醸しています。
ブランド総合研究所は毎年都道府県別の人気ランキングを発表していますが、群馬県は昨年の40位から令和3年は44位に転落。
この結果に強い不満を示したのが群馬県の山本知事で、10月12日の記者会見では「ランキングは県民の誇りを低下させるほか、観光業など経済的な損失にもつながる」などと述べ、ランキングが下がったことで県の損失が出たと指摘。

過去にも何度かランキングに不満感を示していましたが、今度は法的措置も検討していると明かしました。

このランキングへの対応は全国ニュースとなり、ネット上でも賛否両論が飛び交う事態になっています。

特に山本知事の行動を大人げないとして批判する声が多く、もっと冷静な対応をすることが出来ないのかとして反対意見が続出。
民間への圧力ではないかとして、法的措置を止めるように求める意見もあったほどです。

 

群馬県知事「法的措置検討」 魅力度ランキング44位
https://www.sankei.com/article/20211012-X632MWFIV5MDLHWZKIPDCLRPYY/

民間シンクタンク「ブランド総合研究所」(東京都)の令和3年の都道府県魅力度ランキングで、群馬県が下位の44位(前年40位)に沈んだことが判明し、山本一太知事は12日の臨時会見で、ランキングの根拠が不明確だとして、「法的措置を含めた検討を始めた」と明らかにした。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!