新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

日米韓の共同会見、日本政府が拒否!韓国高官の竹島上陸で不満 シャーマン米国務副長官のみの会見に急遽変更


*外務省
11月17日にアメリカのワシントンで行われた日米韓3カ国の外務次官協議で、予定されていた共同記者会見が急遽中止になりました。

記者会見が中止となった理由は日本政府が韓国の金昌龍警察庁長官が竹島に上陸した問題に反発し、竹島問題が悪化している中で共同記者会見を行うのは不適切だと判断したからです。

時事通信社によると、松野博一官房長官は18日午前の記者会見で、「わが国の立場に鑑み到底受け入れられず、韓国側に強く抗議している中で共同記者会見を実施することは不適当と判断した」と述べ、韓国の行動が共同会見中止の原因だと指摘。

中止となった共同会見はシャーマン米国務副長官のみの会見に変更され、日本と韓国が不在の形で行われました。

今回の3者協議では北朝鮮のミサイル問題や中国の軍拡について意見交換が行われましたが、日韓の竹島問題によって3者の連携姿勢にヒビが入ったとも言えます。

 

日本政府、日米韓の共同会見拒否 次官協議、竹島上陸が影
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021111800257&g=int

【ワシントン時事】日米韓3カ国の外務次官協議が17日、米ワシントンで開かれた。終了後に予定された3者の共同記者会見は、急きょシャーマン米国務副長官のみの会見に変更された。韓国の金昌龍警察庁長官が島根県・竹島に上陸したことを踏まえ、日本側が共同会見を拒否した。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!