新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

世界106ヶ国でオミクロン株を確認、入院や重症報告も増加傾向「デルタ株よりも感染が速い」「人類史上最速のウイルス」


新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の報告が世界各地で増えています。
12月22日の時点でオミクロン株の感染者が確認された国と地域は世界106ヶ国となり、この2週間で数倍に跳ね上がりました。

欧米諸国だとデルタ株から急速に置き換わりが進んでいる状態で、WHO(世界保健機関)もデルタ株以上の感染速度だとして世界中に注意を促しています。
また、入院患者や死亡者数の報告も徐々に増えている傾向が見られ、一部で言われているような重症化率が低いとの情報にも疑問を感じるところです。

Microsoftの創業者であるビル・ゲイツ氏は自身のツイッターで「オミクロン株ほど速やかに感染拡大したウイルスは人類史上、他に例がない」と述べ、史上最悪のウイリスだと指摘。
人類は最も困難な状況に直面しているとして、これから厳しい戦いになるだろうと語っていました。

実際にオミクロン株の驚異的な感染力は尋常ではなく、重症化率がデルタ株の半分だとしてもその危険性は変わりません。

 

新型コロナウイルス感染者統計 世界
https://www.worldometers.info/coronavirus/

「オミクロン株」106の国と地域で確認 欧州各国で新たな対策
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211222/k10013398541000.html

新型コロナウイルスの変異ウイルス、オミクロン株が確認された国と地域の数は、100を超え、感染が拡大しているヨーロッパでは各国が新たな対策に乗り出しています。
WHO=世界保健機関は21日、オミクロン株の感染者が106の国と地域で確認されたと発表し、「デルタ株よりも速く感染が拡大している」と警戒を呼びかけました。

オミクロン株の感染拡大は人類史上最速=ビル・ゲイツ
https://jp.sputniknews.com/20211222/9835198.html

Microsoftの創設者、ビル・ゲイツ氏は新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」が登場し、人類は最も困難な状況に直面しているとしながらも、2022年内にパンデミックが終了する可能性は残されていると表明した。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!