新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

今日で阪神淡路大震災から27年 計6434人が死亡した直下型地震 各地で黙とうや関連行事


*神戸市広報@kobekoho
本日2022年1月17で阪神淡路大震災から27年となります。

阪神淡路大震災は1995年(平成7年)1月17日5時46分52秒に兵庫県の淡路島北部沖の明石海峡で発生したマグニチュード7.3の直下型地震で、戦後に発生した災害としては東日本大震災に次ぐ規模となりました。
災害関連死も含めた死亡者数は6434人で、今日は全国各地で黙とうや追悼式典が行われています。

本震発生から27年の歳月が経過したこともあって、若い世代だと阪神淡路大震災の詳しい内容を知らない人も多く、地震被害や対策をどうやって語り継ぐかが課題となっていました。
各地の民法や新聞では阪神淡路大震災の特集も掲載されており、改めて防災対策や地震への備えを見返す日として活用するのが良いかもしれません。

 

阪神・淡路大震災から27年 地震発生時刻の午前5時46分に黙とう
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220116/k10013434261000.html

阪神・淡路大震災から、きょう1月17日で27年です。
震災では建物の倒壊や火災などが相次ぎ、その後の「災害関連死」も含めて、6434人が亡くなりました。
地震が起きた午前5時46分、神戸市や淡路島など大きな被害を受けた地域で、遺族らが黙とうし、犠牲者を悼みました。

 


 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!