新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

福島第一原発、1号機の格納容器圧力が低下!震度6強地震で破損?昨年2月の地震でも水位低下


*東電ライブカメラ
福島第一原発1号機の格納容器で圧力が低下していることがわかりました。
これはNHKが東電発表として報道した情報で、3月16日夜に福島県沖で発生した地震の後に福島第一原発1号機の格納容器で内部の圧力が低下していると伝えられています。

建屋の放射線量やダストモニターの値に大きな変化はないと発表されていますが、地元住民からは微量な線量変化の話もあり、原因も不明なことから安全とは断定が出来ないところです。

福島第一原発では昨年2月の地震でも原子炉格納容器内の水位が30センチ以上も低下したことがあり、ちょっとした騒ぎになったことがありました。
今回の地震だと警報騒ぎや燃料プールの冷却トラブルが起きていることから、同じように格納容器の水位が下がっていたとしても不思議ではないと言えるでしょう。

 

福島第一原子力発電所1号機 原子炉格納容器内温度計測状況
https://www.tepco.co.jp/decommission/data/plant_data/unit1/pcv_index-j.html

福島第一原発 1号機の格納容器圧力低下 放射線量に変化なし
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220317/k10013538151000.html

福島第一原子力発電所では、11年前の事故で溶け落ちた燃料デブリがある1号機の格納容器の内部の圧力が今回の地震の前より低い状態になり、東京電力が原因などを調べています。
建屋の外の放射性物質を測るダストモニターや放射線量を測定するモニタリングポストの値に、変化はないということです。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!