新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

政府の借金が過去最大1241兆円に!昨年と比べては24兆8441億円の増加 円運用だから安全?


日本政府の債務総額が過去最大を更新しました。

NHKと財務省の発表によると、2022年3月末の時点で国債や借入金などを合わせた政府債務は総額で1241兆円となり、昨年と比べて24兆8441億円ほど増えたとのことです。
内訳は国債が1104兆6800億円で、政府の短期証券が86兆1989億円、借入金が50兆4285億円となっています。

そのほぼ全ては円での債務であり、日本銀行から国が借りている物が多いことから、現時点で財政破綻のリスクはほぼ無いと言われているところです。

ただ、金融緩和によって日本円の価値が下落し、物価の上昇傾向が強まっていることは憂慮するべきで、財政破綻のリスクが無くても円の信用低下によって、物価急変動のリスクは残っています。

 

国の借金” 1241兆円余 6年連続で過去最大を更新
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220510/k10013619151000.html

国債や借入金などを合わせた政府の債務、いわゆる“国の借金”は、ことし3月末の時点で1241兆円余りと過去最大を更新し、財政状況は一段と厳しくなっています。
財務省によりますと、国債と借入金、それに政府短期証券を合わせた政府の債務は、ことし3月末の時点で1241兆3074億円となりました。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!