新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

安倍晋三首相、記者の質問にほぼ回答せず帰宅!臨時会見で「責任から逃れるつもりはない」と豪語するも・・・

*官邸
2月29日に安倍晋三首相が行った臨時記者会見の内容に批判の声が相次いでいます。
安倍首相は記者会見の中で「責任から逃れるつもりはない」などと述べ、政府の責任で新型コロナウイルス対策を行うと強調。安倍首相の発言が終わった後は5問(幹事2問)しかメディアとやり取りをせず、そのまま時間がないとして打ち切りました。

ただ、首相動静を見てみると、安倍首相は記者会見の後に予定は無く、安倍首相が質疑から逃げたとして批判が高まっているところです。
海外メディアからの追求を恐れて直ぐに終わりにしたとの声もあり、かなり印象が悪い対応だったと言えるでしょう。

 

安倍首相「逃れるつもりない」言及も質問応じず帰宅
https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/202002290000918.html

会見では、カメラを見ながらゆっくりと話したが、質疑応答になると、手元の紙に目を落とす場面が目立った。幹事社2問、自由質問2問、外国メディア1問しか指名されず、35分ほど経過すると、予定を超過したとして進行役が終了を通告。特段の公務もなく、時間はたっぷりある休日に会見を開いたはずだが、「質問があります」と続行を求める記者の声に首相が応じることはなく、そのまま自宅に帰宅した。

首相動静(2月29日)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020022900330

午前8時現在、東京・富ケ谷の私邸。朝の来客なし。
午前中は来客なく、私邸で過ごす。
午後3時16分、私邸発。
午後3時30分、官邸着。
午後4時1分から同30分まで、加藤勝信厚生労働相、菅義偉官房長官、西村明宏、岡田直樹、杉田和博各官房副長官、沖田芳樹内閣危機管理監、北村滋国家安全保障局長、古谷一之、前田哲両官房副長官補、長谷川栄一、今井尚哉両首相補佐官、黒田武一郎総務事務次官、秋葉剛男外務事務次官、藤原誠文部科学事務次官、厚労省の鈴木俊彦事務次官、鈴木康裕医務技監、荒井勝喜経済産業省政策立案総括審議官、高橋憲一防衛事務次官。
午後5時から同10分まで、鈴木直道北海道知事。
午後6時から同36分まで、記者会見。
午後6時57分、官邸発。
午後7時12分、私邸着。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!