新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【批判殺到】細田博之衆院議長「給料は月100万円しかない」「上場企業の社長は1億円は必ずもらうんですよ」


*細田議長
細田博之衆院議長(78)の発言が大問題となっています。
批判を受けているのは、細田議長が5月10日に都内のパーティーで国会議員の給料にあたる歳費の金額に触れた場面。

朝日新聞の記事によると、細田議長はこのパーティーで「議長になっても毎月もらう歳費は100万円しかない。上場会社の社長は1億円は必ずもらう」などと述べ、議員の給料が毎月100万円しか無いと不満を漏らしたとのことです。
普通の議員の給与も低いとして、上場企業の社長が1億円の年収を得ていると紹介し、もっと議員の給与を上げるべきではないかと発言していました。

この発言が報道されると、世間からは怒りや反発の声が相次ぎ、「100万円しかって感覚が信じられない」「手取り15万の気持ちは一生分からない」「こんな人が日本の政治を決めている」というような批判の意見が飛び交っています。

野党はもちろんですが、与党系の議員からも発言を疑問視する声があり、与野党を超えて細田議長の発言は物議を醸しているところです。

ちなみに、国会議員は毎月の歳費とは別に数百万円単位の補助金や各種手当もあるわけで、大企業と比べても相当な上位の報酬を得ていると言えます。

 

「給料、毎月100万円しか」 細田衆院議長、議員の定数増を主張
https://www.asahi.com/articles/ASQ5C436PQ5CUTFK002.html

 細田博之衆院議長は東京都内であった自民党参院議員の政治資金パーティーで「1人あたり月給で手取り100万未満の議員を多少増やしてもバチは当たらない」と述べた。細田氏は、一票の格差を是正するため地方の定数を減らすのに否定的で、議員定数を増やすべきだと主張した。

 


 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!