新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

玉城デニー知事が「ゼレンスキーです」と発言 後に沖縄県が報道を控えるように通知


*沖縄県
沖縄県の玉城デニー知事が5月25日に行われた県の「アドバイザリーボード会議」で、ウクライナの大統領であるゼレンスキー氏の名前を出して冗談気味に話した場面が批判を浴びています。

玉城知事は会議の冒頭に「ゼレンスキーです。よろしくお願いします」などと話し、直後に冗談としながらも、その発言が報道されると批判の声が殺到。

沖縄タイムスの記事によると、沖縄県は会議の終了後に会議開始前の雑談部分の報道を控えるよう報道各社へ通知を行い、その後にも追加で会議外の発言であることを「留意」するよう再通知したとのことです。
これがゼレンスキー発言を控えるように促したものかはわかりませんが、タイミング的にゼレンスキー発言も含まれている可能性が高く、公の場で行われた発言の自粛報道を促した通知も物議を醸しています。

玉城知事はあくまでも冗談だとしていますが、戦争中のウクライナの大統領をネタにしたということもあって、沖縄県には抗議の連絡や批判の声が相次いでいると報道されていました。

 

沖縄県が「報道を控えて」と各社に通知 玉城デニー知事が「ゼレンスキーです」と発言した会議前の雑談
https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/965155

 沖縄県は、25日に開いた「アドバイザリーボード会議」終了後、会議開始前の知事や委員の雑談部分の報道を控えるよう、報道各社へ通知した。その後、会議外の発言であることに「留意」するよう再通知し、事実上、報道への制限はなくなったものの、公の場での発言にいったんは報道の制限を求めた県の姿勢に、識者は「問題がある」と指摘する。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!