新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【速報】大阪で初感染の報告、オミクロン株「BA.2.12.1」 強い感染力を保持 アメリカでは新規感染者が再び急増


*大阪維新の会
大阪府で初めて新型コロナウイルスの変異株であるオミクロン株の亜種「BA.2.12.1」を確認したことが分かりました。

5月27日に大阪府の吉村知事は府内に住んでいる50代男性から初めてオミクロン株の亜種が検出されたと伝え、同時にこの男性は海外への渡航歴などがないことから市中感染の可能性が高いと発表。
男性の感染が確認されたのは23日で、日時と感染経緯から「BA.2.12.1」が日本国内にかなり広がっていると見られています。

アメリカだと「BA.2.12.1」が感染者比率で50%を超えており、主要株として感染者数が急激に跳ね上がっていました。
日本においても東京や検疫所で「BA.2.12.1」の報告があることから、アメリカのような「BA.2.12.1」の感染拡大は時間の問題だと予想されています。

 

オミクロン株「BA.2.12.1」の感染 大阪府内で初確認 吉村知事
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220527/k10013646341000.html

大阪府の吉村知事はアメリカで感染が増えているオミクロン株の「BA.2.12.1」という系統のウイルスに府内に住む50代の男性が感染したことが確認されたと発表しました。大阪府内で「BA.2.12.1」への感染が確認されたのは初めてです。
「BA.2.12.1」はオミクロン株の系統の1つでアメリカを中心に感染が広がっていて、国内では検疫以外で今月24日に東京で初めて確認されています。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!