新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【焼け石に水】3%節電で数十円分のポイント、岸田首相が物価高騰と節電の対策案発表!


*官邸
岸田首相が物価高騰対策の一環で電気料金を実質的に下げるための新たな経済支援策を発表しました。

日本経済新聞社によると、政府は節電に協力した家庭の節電量に応じてポイントを付与し、1キロワット時を節電した場合、東電で約5円、中部電だと10円相当を付与するとのことです。
東電では「Tポイント」や「Pontaポイント」「nanacoポイント」などに交換が可能で、買い物などに使うことが出来るとしています。

3%程度の節電を目標として、7月から9月までの間の節電要請に合わせて実施する予定です。
食品分野にも新たな支援金の仕組みを作るとしていますが、そこまで大きな規模にはならないと見られています。

今回の政策について国民からは「バカにしてんのか」「数十円っておかしいだろ」「やらないほうがマシ」などと怒りの声が相次ぎ、金額の少なさに対する不満が飛び交っていました。
参議院選挙を前にして緊急の案を示した形ですが、まさに焼け石に水の内容だと言え、やったところで意味があるのか疑問があるところです。

 

節電ポイントで料金割引、政府支援 電力各社の制度拡大
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA214VT0R20C22A6000000/

政府は節電に協力した家庭にポイントを付与し、電気料金を実質的に下げる電力各社のサービスの利用を促す支援策を講じる。一部の電力会社が実施しているが、普及していない。物価高による家計や企業の経済活動への影響を抑え、夏と冬の厳しい電力需給の改善にもつなげる。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!