新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

旧統一教会幹部らが自民党本部を訪問、副総裁の高村正彦が出迎えた写真の存在判明!議員会館にも統一教会関係者


*@kazu10233147&TBS
旧統一教会(世界平和統一家庭連合)の幹部が自民党本部を訪問し、当時の副総裁だった高村正彦氏と会談していたことが分かりました。

これはTBSのNEWS23が取り上げたもので、2017年5月にあったアメリカ共和党の訪日団訪問に合わせて、キム・ギフン北米総会長(当時)が自民党本部を訪問していた様子が映像付きで報じられています。
自民党の議員らが笑顔で並んでいる場面も見られ、自民党本部に旧統一教会の幹部が訪問したのは紛れもない事実だと掲載されていました。

メディアの質問に応じた高村正彦氏は「存じ上げません」とコメントし、訪日団のメンバーを全て把握しているわけではないとして、旧統一教会との関係を否定しています。

ただ、その翌日にも衆院議員会館での会合に旧統一教会・徳野会長(当時)の姿が確認され、自民党・御法川衆院議員の2つ横に位置して座っていました。
これは統一教会系のメディア「ワシントン・タイムズ」が主催した会合で、撮影された演説で「代表団と日本の国会議員役100人と出会った場所」とも語っていたのです。

多くの自民党関係者が統一教会との関係を否定していますが、状況証拠的にかなり密接な交流があったとしか思えず、TBSの特集報道はそれを補強する重要な情報の一つになると言えるでしょう。

 

旧統一教会幹部らが自民党本部を訪問し議員会館でも…「国会議員に真の父母様の考えを紹介」桜を見る会にも“教団の関連団体”幹部が…
https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/112805

旧統一教会と政治の問題。自民党は「組織的な関係はない」と断言していますが、私たちが発掘した映像には、旧統一教会関係者らが自民党本部を訪問する様子が…。さらに総理主催の「桜を見る会」には、“教団の関連団体”の幹部が招待されていました。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!