新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

リニア談合事件で大成と鹿島の幹部を逮捕!見積価格を事前に調整 リニア建設に影響も!


リニアモーターカーの談合事件で、建設計画に関与していた大手ゼネコン「大成建設」の顧問・大川孝容疑者(67)と「鹿島建設」の専任部長。大澤一郎容疑者(60)が逮捕されました。

報道記事によると、JR東海が発注したリニア中央新幹線の品川駅や名古屋駅の新設工事の入札について、大川元常務と大澤専任部長は「大林組」や「清水建設」の幹部らと一緒になって事前に受注業者を決めるなどの談合行為をしていたとのことです。
幹部らは都内の飲食店などで受注を予定する業者やJR側に提示する見積価格を事前に調整していた疑いがあると報じられています。

逮捕された大川元常務らは容疑を否認し、「他社と情報交換したことはあるが不正な受注調整にはあたらない」とコメントしていました。
関わった大手ゼネコンの中でも大成建設は逮捕に反発している状態で、「当該顧問が当局の取り調べに対し、12月8日以降、25回、約3か月にわたり任意で応じているにもかかわらず、逮捕されたものであり、到底、承服いたしかねるものです」などと反論しています。

リニアモーターカーの工事は国からの資金も合わせて3兆円規模と巨額で、その中でも駅の新設工事は難しいことから発注額が高くなっていました。
今回の逮捕によってリニア建設計画の見直しとなる可能性もあり、行政を巻き込んだ大騒動に発展することになりそうです。

 

リニア談合事件 大成と鹿島の幹部逮捕 独禁法違反容疑
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180302/k10011349301000.html?utm_int=all_side_ranking-access_003

リニア中央新幹線の建設工事をめぐる談合事件で、東京地検特捜部は大手ゼネコン4社による不正な受注調整に関わったとして「大成建設」の元常務と「鹿島建設」の専任部長を独占禁止法違反の疑いで逮捕しました。特捜部は巨大プロジェクトの入札の詳しい経緯について実態解明を進めるものと見られます。関係者によりますと、2人は談合への関与を否定しているということです。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!