新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

ワクチン接種後にアナフィラキシー、新たに国内で5人発症と厚生労働省 全身のかゆみや喉の痛み、発熱などの報告


*厚生労働省
厚生労働省は新型コロナウイルス用のワクチンを接種した医療従事者について、新たに5人から強いアレルギー症状であるアナフィラキシーを確認したと発表しました。

厚生労働省によると、症状が出たのは3月8日にファイザー社のワクチンを接種した医療従事者ら5人で、喉の痛みや全身のかゆみ、じんましん、発熱、息苦しさなどの症状が確認されたとのことです。
アナフェラキシーを発症した方々は後に投薬治療などで症状が改善し、少なくとも4人が何らかのアレルギーを持っていたと伝えられています。

これでワクチン接種後にアナフィラキシーを発症した症例は計8件となり、接種数を考えるとアメリカ並みの水準になると言えるでしょう。

 

厚生労働省 新型コロナワクチン接種後にアナフィラキシーとして報告された事例の一覧
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000750348.pdf

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!