新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

安倍首相が護衛艦「いずも」の空母化に言及!F35B搭載で調査も 「検討は当然だ」


今まで大手新聞社が報道しているだけでしたが、初めて安倍首相が公の場で護衛艦「いずも」の空母化計画に言及しました。

2日の参院予算委員会で共産党の小池晃書記局長から質問を受けた安倍首相は、「(防衛能力の)拡張性についてさまざまな検討を行うことは当然だ。危機が生じてからでは泥縄式になってしまう」と発言し、いずもの空母化を検討していると認めます。

また、小野寺防衛大臣も「現有艦艇の最大限の潜在力を客観的に把握するために必要な基礎調査だ」などとコメントしており、首相と合わせて空母化の可能性に触れていました。

いずもの空母化計画では最新鋭のステルス戦闘機F35Bの搭載が視野に入っていますが、軍事専門家からは「コストが高い」「F35Bよりも通常型の方が良い」「空母用の人員が大変」などと指摘されています。

 

安倍首相、いずも空母化「検討は当然」=ステルス機の運用可否調査
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180302-00000093-jij-pol

安倍晋三首相は2日の参院予算委員会で、海上自衛隊最大級の護衛艦「いずも」の空母化検討に関し、「(防衛能力の)拡張性についてさまざまな検討を行うことは当然だ。危機が生じてからでは泥縄式になってしまう」と強調した。

護衛艦「いずも」装備の拡張調査 最新鋭のF35Bも対象
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180302/k10011349451000.html?utm_int=all_side_ranking-social_008

小野寺防衛大臣は自衛隊の護衛艦「いずも」の拡張性を確認するために行っている離着陸できる航空機の調査対象に、短距離で離陸可能な最新鋭戦闘機F35Bなどが含まれていることを明らかにしました。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!