新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

中国が香港国家安全維持法を即時施行!30日の採決からスピード実施、香港の言論封殺へ


*中国政府
7月1日に香港政府が「香港国家安全維持法」を交付し、即日に施行しました。

香港国家安全維持法では香港に中国の治安機関を設けることを定め、反政府的な活動を全て規制対象にするとしています。
中国共産党や政府に批判的な政治活動や言論活動は犯罪として取り締まりの対象となる見通しで、平和的な活動であっても制限することが可能です。

この安全維持法によって香港の一国二制度が形骸化することになり、名実ともに中国政府の統治下に組み込まれることになると報じられています。

香港側では依然として反対運動や言論の自由を求める抗議デモが頻発していますが、香港当局と中国政府の取り締まりが厳しくなっていることから、運動の維持が難しくなっているのが実情です。

中国政府は政治に関する言論の自由を全く認めず、国際的な批判に関しても無視して突き進んでいるため、このまま香港の反対運動を根絶やしにするまで規制を強めることになるでしょう。

 

「香港国家安全維持法」公布・即時に施行と発表 香港政府
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200701/k10012490451000.html?utm_int=all_side_ranking-social_004

香港での反政府的な動きを取り締まる中国の「香港国家安全維持法」について、香港政府は、6月30日夜公布し、即時に施行したと発表しました。
中国の全人代=全国人民代表大会の常務委員会が30日、北京で開かれ、香港での反政府的な動きを取り締まる「香港国家安全維持法」が全会一致で可決・成立しました。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!