新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

コロコロコミックが販売中止に!チンギス・ハーン騒動で見直し 払い戻しに対応も


*小学館
小学館は月刊誌「コロコロコミック」3月号の販売を中止にすると発表しました。報道記事によると、モンゴルの英雄チンギスハンに落書きをしていた漫画「やりすぎ!!! イタズラくん」に抗議の声が殺到したことから、これ以上の販売は不可能と判断して中止を決断したとのことです。
全国の書店に返品を求めると同時に、購入者の払い戻しにも応じると報じられています。

漫画「やりすぎ!!! イタズラくん」のチンギス・ハーン描写を巡ってはモンゴル大使館からも抗議声明が出され、小学館前ではモンゴル系の人たちが抗議デモを行っていました。

これに対して一般人からは「やり過ぎ」「下品だが販売中止は危険」「表現規制の拡大につながる」などと中止対応に疑問の声が相次いでいます。

 

小学館 月刊コロコロコミック3月号「イタズラクガキコンテスト」中止のお知らせ
https://www.shogakukan.co.jp/

(2018年3月6日)
『コロコロコミック』3月号については、販売中止とし、書店様にすみやかな返品をお願いすることといたしました。

 また、『コロコロコミック』3月号をお買い上げいただいたお客様で返品を希望されるお客様に対しては、定価相当を返金いたします。その方法については、詳細が決まり次第、弊社ホームページ上に告知いたします。

コロコロコミック販売中止 購入済みは払い戻しも
https://mainichi.jp/articles/20180306/k00/00e/040/276000c

 小学館は6日、モンゴルの英雄チンギスハンの肖像に対し、侮辱的な落書きをした漫画を掲載したとして抗議を受けた月刊誌「コロコロコミック」3月号の販売中止を発表した。2月に発売されているため、全国の書店に返品を求め、購入客が返品を希望する場合は払い戻しに応じることも発表した。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!