新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

急展開の森友文書疑惑まとめ 朝日の報道⇒国会紛糾⇒佐川長官辞任⇒麻生氏会見⇒財務省認める

*安倍首相
森友学園問題が急展開しています。3月9日だけでも近畿財務局の担当職員が亡くなった報道から佐川国税庁長官の辞任、麻生太郎財務相の緊急記者会見があり、今日に入ってから今度は財務省が森友文書の書き換え行為を正式に認めました。

時系列順で並べてこの騒動を振り返ってみましょう。

3月2日金  朝日が第一報 『森友文書、財務省が書き換えか
3月5日月  国会で激論 複数の文書疑惑も浮上
3月6日火  財務省が国会に対応報告
3月7日水  原本の写しを発見
3月8日木  公開された原本の写し、公開文書と同じで国会紛糾 毎日が追加文書を報道
3月9日金  近畿財務局の担当職員の自殺報道 佐川長官が辞任 麻生氏が緊急記者会見
3月10日土 財務省が資料の書き換え行為を認める 12日に報告へ

今の時点で発覚している大きな動きや報道をまとめてみると、こんな感じになっています。

キッカケは3月2日の朝日新聞が掲載した報道記事でした。この記事では「学園側との交渉についての記載や特例などの文言が複数箇所で変わっている」と取り上げており、重大な問題だと指摘しています。
第一報の直後は朝日新聞の報道を疑う声も多く、財務省側も調査中として言及は避けていました。

その後も週明けの国会で与党と財務省が追及されるも、財務省側は「警察の捜査対象で原本を提出できない」「調査中」というコメントを繰り返すだけ。
このような流れが激変したのは3月8日に毎日新聞が追加の改ざん文書の疑惑を報じた辺りで、翌日には佐川長官が辞任を表明。麻生太郎財務相が緊急記者会見で説明する事態になりました。

そして、今日になると財務省も資料の書き換えを認めているわけで、この1週間で情勢は激変したと言えるでしょう。問題はこれからの政府対応で、安倍政権としては財務省の単独犯として自分たちは逃げ切りたいと考えているはずです。

原本の内容次第では内閣総辞職となる可能性も否定は出来ないですが、今の段階だと内容を見るまで何とも言えない感じとなっています。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!