新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

自民党の村上元大臣「全部出発点は安倍総理大臣だ。一連の問題について猛省するべき」


自民党の村上 誠一郎(むらかみ せいいちろう)元行政改革担当大臣が安倍晋三首相を猛批判しました。
村上議員はメディアの取材に応じて、「南スーダンのPKO部隊の日報問題、加計学園をめぐる問題、今回の問題と、はっきり言って全部出発点は安倍総理大臣だ。一連の問題について、トップとしての責任をもっと猛省すべきだ」と述べ、PKO日報問題や森友学園問題はいずれも安倍首相が原因だと指摘。

安倍首相に対してトップとして強く反省するように求めると同時に、佐川氏らの証人喚問に前向きな意見を語っています。村上議員は安保法案の時も安倍政権の対応を強く批判していた方で、自民党議員の中でも反安倍派として有名です。

 

自民 村上氏「はっきり言って全部出発点は安倍首相 猛省すべき」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180313/k10011363021000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

「森友学園」への国有地売却に関する財務省の決裁文書が書き換えられた問題について、自民党の村上元行政改革担当大臣は、安倍総理大臣には行政の長として責任があり、猛省すべきだという考えを示しました。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!