新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

安倍晋三首相、政権批判番組に激怒か!放送改革で懸念 「首相応援の番組目当て」


*官邸
安倍首相が放送法の改正や放送制度の改革に触れた件で、安倍晋三首相が既存メディアの政府批判に激怒しているという情報があります。
安倍首相は国会で何度も「朝日新聞」などを名指しで批判しており、誰が見ても明らかに批判報道を嫌がっていました。

読売新聞だと「首相、批判的報道に不満か…民放解体を業界警戒」というようなタイトルで報道され、安倍首相は首相応援系の番組を優遇し、既存の民放を解体しようとしていると言われています。

実際に具体例としてAbemaTVに代表されるような「放送法の規制がかからないネットテレビ」が紹介されているわけで、安倍首相の目指している放送改革が実現すると、今のネットにあるような自民党応援系の番組が続々と上陸する形になりそうです。

 

首相、批判的報道に不満か…民放解体を業界警戒
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20180317-OYT1T50010.html

 安倍首相が目指す放送事業の見直しは、放送法4条などの規制の撤廃が目玉となる。背景には、首相に対する批判的な報道への不満があるようだ。
今回の規制緩和は、AbemaTVに代表されるような「放送法の規制がかからないネットテレビ」(首相)などの放送事業への参入を狙ったものだ。首相は衆院選直前の昨年10月、AbemaTVで1時間にわたり自説を述べた経緯もある。政治的中立性の縛りを外せば、特定の党派色をむき出しにした番組が放送されかねない。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!