新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

アパレルのレナウン、民事再生手続きへ!上場企業の倒産は今年初 負債総額138億7900万円 コロナが追い打ちに


*レウナン
アパレル大手のレナウンが売上不振から民事再生の手続を開始したことが分かりました。

東京商工リサーチによると、子会社のレナウンエージェンシーが債権者となる形でレナウンの民事再生法適用を東京地裁に申請し、15日に受理されたとのことです。負債総額は138億7900万円で、3月末に毛利憲司新社長は都内で会見で「新型コロナウイルスで消費は経験したことのないような打撃を受けている」などとコメントしていました。

レナウンの株式は5月15日付けで東京証券取引所の整理銘柄に指定されており、この後に上場廃止となる見通しです。

上場企業の倒産報告が今年初で、大手企業も新型コロナウイルスの影響で倒れ出したことに市民からは驚きや不安の声が相次いでいました。
新型コロナウイルスの影響で中小企業の経営は非常に厳しい状態が続き、このままだと近い将来に大規模な倒産やリストラが発生することになると予想されています。

 

新型コロナ関連で初の上場倒産、アパレル名門のレナウンが民事再生開始決定
https://news.yahoo.co.jp/articles/879538ceeed6898ba824ffcc5e385088cb28171f

  東証1部上場の(株)レナウン(TSR企業コード:295833440、法人番号:6010701015232、江東区有明3-6-11、設立2004(平成16)年3月、資本金184億7106万460円、毛利憲司社長、東証1部)は、子会社の(株)レナウンエージェンシー(TSR企業コード:291357725、法人番号:8010701021765、同所)により民事再生手続きを申し立てられ、5月15日、民事再生開始決定および管理命令を受けた。管財人には永沢徹弁護士(永沢総合法律事務所、中央区日本橋3-3-4)が選任された。
上場企業の倒産は、2019年1月に山形地裁へ民事再生法の適用を申請した(株)シベール(TSR企業コード:210031050、法人番号:5390001000864、山形市)以来、16カ月ぶり。
負債総額は138億7900万円。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!