新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

森友文書問題、財務省の職員は残業100時間超えも!改ざん問題で半数が過労気味か

森友文書の改ざんを巡る問題で、対応している財務省の職員が過労状態になっていることが分かりました。

国会答弁で財務省の太田理財局長は「50人ほどの職員が国会対応などにあたっている。そのうちの半分の25人は今月1日から21日までの間の残業時間が100時間を超えている」と述べ、半数の職員が過労気味だと報告。

23日の参議院の財政金融委員会では「国会審議の貴重な時間を書き換え問題で費やしていることは本当に申し訳ない」と改めて陳謝し、森友文書問題の早期解決を目指すとしています。

一連の問題を巡っては財務省内部でも混乱が見られ、財務省以外の省庁も関わっていた疑惑が浮上中です。

 

財務省職員 3週間で残業100時間超も 書き換え問題で
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180323/k10011376281000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

森友学園をめぐる財務省の決裁文書の書き換え問題で、財務省の太田理財局長は、国会対応などをしている本省の理財局の職員のうち半数が21日までの3週間で残業時間が100時間を超えていることを明らかにしました。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!