新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

土俵の女性問題、相撲協会員が口頭でも指示!コメントは嘘か 救命対応の女性は感謝状を固辞へ


京都府舞鶴市の大相撲・春巡業で、あいさつ中に突然倒れた市長の救命活動中に「女性は土俵から降りて」などと相撲協会側がアナウンスを流した問題で、アナウンス以外にも土俵から女性を降ろすように言及していたことが分かりました。

報道記事によると、相撲協会側はアナウンスで何度も「土俵から女性は降りてください」と繰り返した上で、日本相撲協会の協会員が女性らに「下りなさい」などと声を掛け、手ぶりでも下りるよう指示をしていたとのことです。
最初に土俵に上がった女性のうち1人は、医師でもある多々見市長がかつて院長を務めた病院の看護師で、土俵に上がる際には「上がっていいですか」と周囲に確認していたと報じられています。

今回の騒動を受けて相撲協会側は「アナウンスの方が動揺して言ってしまった」などとコメントしていますが、確認された経緯を見ると、それは嘘である可能性が高いです。
組織的に女性らを土俵から降ろそうとしていたと考えられ、世論の反発を恐れて方針転換したと思われます。

一方で、実行委は5日午後に心臓マッサージの中心になった女性に感謝状を贈りたいと連絡したようですが、女性側は「当たり前のことをしただけ。そっとしておいてほしい」とコメントして固辞。
ネット上でも女性を評価する声が相次ぐと同時に、相撲協会への怒りや不満の声が殺到しています。

 

「下りなさい」相撲協会員、口頭でも直接指示 心臓マッサージの女性は看護師
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180405-00000541-san-soci

 京都府舞鶴市で4日行われた大相撲春巡業で、あいさつ中に突然倒れた市長の救命措置で駆け上がった女性に、日本相撲協会側が土俵を下りるよう求めるアナウンスを流した問題で、アナウンス以外にも、女性に向かって土俵を下りるよう協会員が直接指示していたことが5日、分かった。土俵に上がった女性のうち、少なくとも1人は現役の看護師だったという。

土俵で救命措置の女性、感謝状を固辞「当然のことした」
https://www.asahi.com/articles/ASL455X1HL45PLZB01P.html

 京都府舞鶴市で開かれた大相撲の巡業で、あいさつ中に土俵で倒れた同市の多々見(たたみ)良三市長(67)に心臓マッサージをしていた女性たちに、行司がマイク放送で「土俵から降りてください」と求めた対応が批判をあびている。主催した実行委員会の幹部によると、女性は看護師らだった。大相撲は「女人禁制」の伝統があるが、相撲協会も不適切な対応だったと認めた。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!