新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

FBでの情報流出、CEOが米議会で謝罪!大統領選で不正利用も?議会前では抗議デモ


大手SNSのフェイスブック(FB)から約8700万人分の個人情報の流出が発覚し、ザッカーバーグCEOがアメリカ議会で謝罪しました。

この8700万人分の個人データは第三者の分析会社に流出したと見られ、アメリカ大統領選挙でトランプ陣営の選挙対策に使われたと指摘を受けています。
アメリカ大統領選挙ではフェイスブックに大量のフェイクニュースの広告が流れたことも問題視されており、政治的な広告を規制する動きも浮上。

アメリカ議会に招致されたザッカーバーグCEOは「フェイスブックは理想的で前向きな会社だ。しかし、みずからの責任への認識が甘く、誤りを犯した。申し訳ない」と述べ、今回の騒動を謝罪しました。

フェイスブック問題は全米各地に波紋を広げ、アメリカ議会前では抗議デモも発生しています。

 

フェイスブックCEO 米議会で個人データ流出を謝罪
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180411/k10011398331000.html?utm_int=news_contents_news-main_005


世界最大の交流サイトを運営するフェイスブックのザッカーバーグCEOは、最大で8700万人分の個人データが流出した問題をめぐってアメリカ議会で初めて証言し、対応の不備を謝罪したうえで、利用者の保護に重点を置く姿勢を強調しました。

フェイスブックは、最大で8700万人分の利用者の個人データが第三者のデータ分析会社に流出し、おととしのアメリカ大統領選挙でトランプ陣営の選挙対策に使われたとされる問題をめぐって、批判を浴びています。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!