新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

受刑者逃走から10日以上、全く姿が見えず!脱走の原因は妹の事故か ネット上では同情も


愛媛県の今治市から平尾龍磨受刑者が刑務所から脱走した騒動で、捜査開始から10日以上が経過しました。警察は延べ8000人の大部隊を投入しましたが、依然として姿すら確認されていません。

潜伏していると思われている広島県の向島では地元住民から「不信な音がした」「お供え物が消えた」などと報告があるようですが、有力な手掛かりは見つかっていないみたいです。

そもそも、平尾受刑者が逃走を決意したキッカケは親族の病気や怪我だと言われています。平尾受刑者を良く知る人物はメディアのインタビューに対して、「たしか先々月だったと思います。交通事故で重傷だったと、妹が死ぬか生きるかの。それで(平尾受刑者に)連絡したんじゃないですか」とコメントしていました。

タイミング的にも家族の報告を受けて平尾受刑者が脱走を決意した可能性があり、ネット上では平尾受刑者に同情的な意見も増えてきているところです。
今のところは凶悪犯罪の報告もなく、日本の司法制度の在り方を含めて色々と議論が盛り上がっています。

 

受刑者逃走から10日 “服役仲間”が語った男の素顔(2018/04/17 16:55)
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000125307.html

脱走の背景には家族があるのか。平尾受刑者の地元ではこんな話が出ていた。
平尾受刑者を知る人:「たしか先々月だったと思います。交通事故で重傷だったと、妹が死ぬか生きるかの。それで(平尾受刑者に)連絡したんじゃないですか」
その妹に会いに行くと、療養中だが立って歩けるほど元気だった。そして、代わりに祖母がこう話してくれた。
平尾受刑者の祖母:「警察も龍磨(受刑者)が逃走してから3日くらい泊まって張り込んだが、ここに来るわけがない」

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!