新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

日本の報道自由度が世界67位に!安倍政権の対メディア圧力にも言及 


4月25日に国際ジャーナリスト団体「国境なき記者団(RSF)」が報道の自由度ランキングを発表し、その中で日本の順位が前回の72位から67位に微増したことが分かりました。
日本のランキングは安倍政権になってから年々下がり続けており、昨年は国連の人権理事会から懸念の声が表明され、安倍政権にメディアへの圧力を求めるような声が殺到。

昨年の状況について、RSFは「安倍晋三政権の対メディア圧力が(昨年に比べ)相対的に軟化した」と述べ、一時期よりは改善しているとコメントしています。

安倍政権も国連から相次ぐ懸念の声を警戒しているようで、電波停止に言及した高市早苗大臣の時よりは結果的に改善した形だと言えるでしょう。
ただ、依然として低い数字であることには変わりなく、安倍政権の動き次第で来年以降の数字も乱高下しそうです。

 

日本の報道自由度67位=世界で「民主主義の危機」-国際団体
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018042600263&g=prk

 【パリ時事】国際ジャーナリスト団体「国境なき記者団(RSF)」(本部パリ)は25日、世界180カ国・地域を対象とした報道の自由度に関する調査結果を発表した。日本は昨年の72位から67位に改善。RSFは「安倍晋三政権の対メディア圧力が(昨年に比べ)相対的に軟化した」と説明している。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!