新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

新天皇即位で「恩赦」を政府が検討へ!刑罰権を消滅・軽減、有罪判決が無効など

*皇居
来年5月1日の皇太子さまの新天皇即位に合わせて、政府が国家の刑罰権を消滅・軽減させる「恩赦」を実施する方向で調整している事が分かりました。

報道記事によると、憲政史上初めてとなる譲位に伴う恩赦の実施は、即位と譲位を一連の慶事と位置づけて、1回のみ実施する方向で検討されているとのことです。
恩赦が実施されると有罪判決が無効になったり、有罪判決確定で失ったり停止されたりした資格を回復する事が可能となります。

いわゆる超法的処置に近い感じだと言え、海外だと南米ペルーでフジモリ元大統領に恩赦があったことが有名です。日本国憲法下での恩赦は計11回あり、大きな決定だと国連加盟や日本国憲法公布、沖縄本土復帰などがありました。

ネット上では恩赦そのものに疑問の声が殺到している状態で、「犯罪者しか喜ばない」「政府に都合良く使われるのでは?」「無くすべきだ」というような意見が相次いでいます。
*天皇陛下のご即位に伴い実施された恩赦の対象者数は、特赦267人、減刑77人、刑の執行の免除10人、復権約250万人

 

新天皇即位で恩赦 政府検討 微罪・復権に限定
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180501-00000036-san-pol

 政府が来年5月1日の皇太子さまの天皇即位に伴い、国家の刑罰権を消滅・軽減させる「恩赦」を実施する方向で検討に入ることが30日、分かった。複数の政府関係者が明らかにした。国の慶弔時などに行われる「政令恩赦」や「特別基準恩赦」が実施されれば、平成5年の皇太子さまと雅子さまのご結婚時以来で、現行憲法下では11回目となる。

恩赦
https://ja.wikipedia.org/wiki/

恩赦(英:Pardon、おんしゃ)とは、行政権(又は議会)により国家の刑罰権の全部又は一部を消滅若しくは軽減させる制度のことを言う。赦免復権とも。

現在はその権限が行政機関に帰属する例が多いが、フランスなどのように議会(立法機関)に一般的な恩赦の権能を与え、行政機関に個別的な恩赦の権能を与える仕組みになっていることもある。現在、共和制・君主制、大統領制・議院内閣制の政体の差に関係なく、多くの国で行われている[1][2][3][4]。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!