新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【世論調査】内閣支持率が5割以下に下落!前月比2.1ポイント減の48.7% 物価高対応に批判強まる


*官邸
時事通信社が実施した世論調査で、内閣支持率が5割以下まで落ち込んでいることが分かりました。

これは6月10日から13日の間に行われた世論調査で、岸田内閣の支持率は前月比で2.1ポイント減の48.7%に下落。逆に不支持率が2.8ポイント増の22.0%となり、前と比べて岸田内閣の支持率が落ち込んでいました。
政策別では物価高騰への対応不満が目立ち、「評価しない」との声は前月比4.3ポイント増の54.1%に上がっています。政府の物価対応を評価するとの声は13.8%だけで、数字に3倍の差がありました。

政党支持率においても自民党は前月比2.3ポイント下落の27.2%、野党がやや増加している傾向が見られ、参議院選挙を目前にして岸田政権と政府与党の数字が下がりだしています。

 

内閣支持5割切る 物価高対応「評価せず」半数超―時事世論調査
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022061600715&g=pol

時事通信が10~13日に実施した6月の世論調査で、岸田内閣の支持率は前月比2.1ポイント減の48.7%と4カ月ぶりに5割を切った。不支持率は同2.8ポイント増の22.0%、「分からない」は29.3%だった。ウクライナ情勢などに伴う物価高騰が続く中、先行きへの不安が影響した可能性がある。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!